まぶたたるみの理由


まぶたたるみは、筋肉が衰えたり肌がたるむことによって
起こります。

まぶたたるみが出て目元のあたりまで落ちるようになると、
目元の感じが重たくなってしまいます。

まぶたに力を入れて目を開き、狭くなった
視界を開こうとするため、どうしても額や眉間に
しわができやすくなるのです。

まぶたたるみが原因で目つきが悪く見えるときがあり、
きつい印象を与えてしまうこともあります。

まぶたたるみがひどくなると、肩こり、偏頭痛、
それから眼精疲労などを引き起こします。

まぶたを持ち上げる筋肉の力が極度に弱まると、
上まぶたが過度にたるみます。

そのたるみが正面を向いたときでも瞳のところまで
垂れたようになった状態があり、これを眼瞼下垂と呼ぶのです。

この眼瞼下垂の症状がさらにひどくなってものを
見るために下あごをあげるほどになると、
頭痛や吐き気を訴えるようになることもあるのです。

先天的に眼瞼下垂の人もいれば、後天的になる人もいます。

後天性は加齢によるものやコンタクトレンズの
長期装用やテレビゲーム、パソコンによる目の酷使によっても
引き起こされます。

まぶたは顔の他の部位に比べて皮膚が薄く、
乾燥しやすくてハリを保つ力がやや弱いため、
まぶたの皮膚そのものがたるみやすい部位なのです。

顔の中でも特別デリケートなのがまぶたで、皮膚のハリや、
筋力のバランス、それから脂肪も適度にあることが大事で、
これが崩れるとたるみになるのです。

まぶたたるみの予防とケア.


皮膚そのものがたるむためにおこるまぶたたるみは、
まだ軽いものなので、毎日きちんとケアしてさえいれば、
改善していくことはできます。

まぶたたるみは肌の老化を防ぐ対策をすれば
予防できるものなので、全体的に肌のアンチエイジングを
行えばいいのです。

まぶたたるみをケアするための化粧品としては、
アイケアクリームや眼の下専用のパックなどがあります。

目じりやまぶたに保湿成分を含む美容液を塗り込むことで、
肌のハリをいくぶん解消し、まぶたのたるみを軽減します。

また、まぶたたるみの予防、解消のためには、
まぶたの周辺をマッサージすることも有効です。

マッサージはまぶたたるみの部分である肌を刺激し、
血行を促進することで効果が現れます。

朝晩のマッサージを1分間ほど行い、そのあとさらに
眼の周りを指の腹でタッピングすると、より効果的です。

中指と薬指を使って目じりからまぶたのたるみをなぞり、
鼻まで持っていってマッサージします。

それからもう一度まぶたから目じりに戻り、今度は目じりから
ほほを通ってあごまでをマッサージしましょう。

加齢による肌老化以外に、紫外線も肌を老化させます。

肌成分のコラーゲンやエラスチンが破壊されることで、
肌の弾力性が失われてしまうため、予防とケアは必要なのです。

紫外線でまぶたがたるまないようするためにも、
冬場でもUVケアや紫外線カット化粧品は使用するほうが
いいでしょう。
目尻から下まぶたまでワイドにケア!
貼るだけで、目元ピーン!アイスラッククロフィート




まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える


まぶただけでなく、どの人間の筋肉も使わないでいると
弱まっていきます。

まぶたを支える筋肉も例外ではなく、加齢などの要素も
加わってまぶたはますますたるみが出るのです。

まぶたの筋肉を衰えさせないよう、疲れない程度に筋肉を
鍛えることがまぶたのたるみ予防にも有効です。

目の周りにも眼輪筋と呼ばれる筋肉がついていますが、
使わないとその力も低下します。

使おうとしない限り使われることはほとんどない眼輪筋ですが、
少しずつでも鍛えていけばまぶたたるみ防止にはなり、
表情筋も一緒に鍛えるようにすると、かの表情を
豊かにすることもできます。

意識的に瞬きを繰り返す方法で、眼輪筋を簡単に
鍛えるとこともできます。

普段の瞬きでは下まぶたを動かすことはほとんどありませんが、
上まぶたが動かないよう軽く指で押さえながら下まぶたを
持ち上げるように瞬きをしてみましょう。

そうすることで下まぶたの筋肉が動いて鍛えられるので、
まぶたたるみを解消するのに役立つのです。

そして顔全体の運動として、顔を中心に集めるようにしたり
大きく広げたり、目をぱっとひらいてからしっかり
閉じたりする動作を繰り返しましょう。

こんな瞬きの運動をすることも、まぶたたるみ防止には
役立ちます。

毎日のちょっとあいた時間に数分間続けることにより、
効果が現れます。

わずかな時間でどこにいてもできる運動なので、
継続することによりまぶたのたるみ防止に役立てましょう。

加齢による目の下たるみ

目の下たるみは、顔の中でも特に気になる部分で、
ここがたるんでいるとなんとなく老けた印象を
もたれてしまいます。

目の下たるみができる要因は、年齢とともに
肌が衰えることが第一にあげられます。

肌のたるみは10代ほどの若い人にはありませんが、
20代を超えると、だんだん肌のたるみに
気がつくようになるのです。

この目の下たるみは、顔の筋肉と皮膚が老化することで
起こります。

歳を重ねるごとに人間の皮膚は薄くなっていき、
弾力を失っていくため、保持機能も低下していくのです。

歳をとるとさらに目の下の細胞はふくらんで浮腫のような
状態になるため、肌全体もふくらんで垂れ下がったような状態なり、
たるみとなります。

目のまわりの筋肉は眼の開け閉めの際に使われますが、
あけるときは上眼瞼拳筋が、閉じるときは眼輪筋が使われます。

目の周囲にある筋肉はとても薄くて小さく、弱くなりやすい筋肉で、
歳をとるとこの筋肉が衰えるため皮下脂肪を支える力も
低下して、これも原因で目の下たるみができてしまうのです。

目の下たるみ具合を自分で確認する方法があります。

大きく口を開けて天井を見て、目の下につまめる部分が
あるか確認しましょう。

手でつまめる皮膚があれば、それが目の下たるみです。

肌も歳をとると弾力がなくなってきて、毛穴は
垂れ下がって楕円形のようになるので、このような毛穴が
見つけられれば、たるみがあるのです。

目の下たるみの原因

老化のほかにも、目の下たるみができる要因は
いくつか考えられます。

目のまわりの筋肉が弱くなると肌の弾力も低下し、
目の下たるみの中身が脂肪であるため、その脂肪を
押し出す形で垂れ下がってしまいます。

血行不良、リンパ循環低下などの理由により、余った水分や
脂肪が体外に排出されないと、皮下脂肪は増加するばかりで、
目の下たるみを作ってしまいます。

目の下の脂肪は体質的に多い人と少ない人がいて、
生まれつき目の下の脂肪が多い人はくまやたるみ
できやすいようです。

目の下の脂肪が多い人は、目の下に色素沈着を起こしやすく、
目の下の原因を作ってしまうのです。

特に生まれつき目の大きい人や頬骨が張っている人は
たるみが出やすいようです。

筋肉が衰えるのは、日々の生活になにか要因が
あったりもします。

パソコンを見る、パチンコをする、などじっと
見続けるような作業を長時間すると、瞬きが減るため
目のまわりの筋肉は衰えるのです。

油分を多く使った化粧品を使いすぎると、
目の下たるみが起きることもあります。

基礎化粧品に含まれる界面活性剤や油性成分は、
肌の弾力を保つ繊維を破壊するため、目の下たるみ
つながることがあります。

それから紫外線によって、皮膚の真皮層にある
エラスチンやコラーゲンが弾力を奪われたりします。

紫外線を長時間浴びると皮膚の弾力性が落ちて
目の下たるみやすくなります。

目の下たるみマッサージ

目の下たるみを解消するために、目元をマッサージすると、
代謝が高まって効果があります。

マッサージは目の下のたるみを予防し、
皮下脂肪をつきにくくします。

あまり力を入れすぎると逆効果になりますが、
マッサージは血行をよくして新陳代謝を促すので、
大切なのです。

肌のターンオーバーも正しく行われ、たるみの原因になる
皮下脂肪もつきにくくなります。

マッサージは、こめかみから目の下にかけて、
指の腹で押すような感じでしてみましょう。

目の下のマッサージをしたら、次は目の上に持っていって
またこめかみに戻り、そこを押すようにすると、
血流もよくなります。

また、目をぎゅっと瞑って5秒数え、ぎゅっと開いて
5秒数えるだけの簡単なマッサージでも目の周りの
筋肉の刺激になります。

筋肉を鍛えるには顔の中心に力を入れて縮めて5秒数え、
顔の外側に力を入れて広げる表情筋のトレーニングも
有効です。

眉を上げてみたり、目元に力を入れてみたりと
日頃使わない筋肉に力を入れてみるのも目の下たるみ
効果的です。

しかし皮膚が薄い人は、そのせいでちりめんじわを
作る元になるので、事前に保湿をしっかりすると
いいでしょう。

また化粧水などをつけるときに、目の周囲を
軽くたたくようにすると、血行促進に効果があります。

目の下は大変デリケートな部分なので、強くこするようなことは
避けましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。