レーザー治療でホクロ取り.

ホクロをとる場合、レーザー治療を行うと、
早くてきれいに取れるということが、
そのメリットとしてあげられます。

1回あたり数分で完了し、短時間で終わるので
学校・会社・家事などにそれほど影響はありません。

ホクロをとった後のメイクは、しばらくの間はテープの上から
することになりますが、それは小さな範囲のものなので、
上からファンデーションを塗ったりすれば
特にきにするほどの目立ち方ではありません。

レーザー治療のせいでホクロ以外の
皮膚を傷めたという事例はほとんどなく、
傷跡も残りにくいので、ホクロをとる方法としては
安全なものでしょう。

ただしひとつだけ、レーザー治療のデメリットといえるのは、
ホクロの状態によって施術回数が多くなってしまうことです。

たとえばホクロが皮膚の深いところまである場合は、
傷跡が残らないようにするために何度かに分けて
レーザーを当てることがあります。

ホクロの組織が残っているとまた再発してしまうので、
一度治療してまた再発の兆しがある場合はまた
レーザーを当てます。

レーザー治療を施した後のアフターケアを
比較的長くしなければならないことも、
デメリットのひとつではあります。

しかしそれも消毒とテープの張り替え、
色素沈着を防ぐ塗り薬、化膿止めの飲み薬の服用といった
基本的なものばかりです。

そして忘れてはならないのが、赤みが引くまで一ヶ月、
その後数ヶ月から半年くらいは患部を紫外線に
当てないようにしなければならないことです。

以上のようにホクロ取りのレーザー治療には
メリットもデメリットもあるのです。

そのようなことを頭に入れた上で、
レーザー治療を選ぶかどうか決めるといいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。