洗顔方法の基本について.

毎日私たちが必ず行っている洗顔ですが、
意外とその正しい方法は知られていません。

洗顔方法ひとつで数年後の肌の状態が
違ってくるといいますが、基本的な洗顔方法は
どんなものなのでしょうか。

洗顔方法の基本は、まず髪の毛を
顔にかからないようにゴムやヘアバンドで
すっかりとまとめておきます。

そして気をつけたいことは、洗顔の前に
自分の手をきれいに洗うことで、泡立てる手が
きれいな方が、洗顔料も良く泡立つのです。

まず洗顔料をのせる前には顔を少し湿らせますが、
ぬらしすぎないようにすることも大切で、
一度水をつけたら軽く拭き取るくらいが
ちょうどいい湿らせ方です。

乾いたままの肌に洗顔料をつけると、
弱酸性の肌にいきなりアルカリ性のものが
触れることになるので刺激が強すぎるのです。

顔をあらかじめ洗顔の前に濡らしておくと、
汚れが泡に巻き込まれやすくなるので、
洗浄効果も高まるというわけです。

泡はきめ細かいほどよく汚れを落とすので、
洗顔料はとにかく良く泡立たせることがポイントです。

洗顔料の泡立て方が足りないと、
肌の余分な皮脂までもを奪ってしまい、
逆にもっと皮脂を分泌するようになります。

指は直接肌に触れないように、
泡を転がすように洗い、軽すぎると
思うくらいでも十分汚れは落ちます。

洗いすぎは肌をアルカリ性へ近づけることになり、
抵抗力も落とすことになるのです。

洗った後は水でよくすすぎ、洗顔料が
残らないようにしっかりすすいだ後は、
きれいな柔らかいタオルで軽く水気を吸い取りますが、
そのときもやさしくふき取る程度にしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。