たるみの原因

たるみは、年齢を重ねるごとに
気になってくるものですが、女性なら誰しもが
それをなくしていつまでも若々しくありたいと思うものです。

ではなぜ歳をとるにつれ、たるみ
出てくるのでしょうか。

それは肌にも年齢があるからで、
人間の肌は細胞分裂いわゆる再生できる回数が
決まっているのです。

それで、肌が再生できなくなった時に、
たるみができ始めるときなのです。

表皮、真皮、皮下組織、この3つの層から
なっているのが皮膚で、それを支えているのが
筋肉なのです。

皮膚の皮下組織には脂肪細胞が集まっているので
脂肪が多くければ、当然たるみ
できることになりますが、皮膚を支える筋肉が
鍛えられていれば、たるみは起こらないことになります。

たるみを作ってしまう原因は、ただ肌の
老化だけというわけではなく他にもありますが、
まずは一番気になる、ほほのたるみについて
考えてみましょう。

ほほは顔の表情を大きく変化させる上で
大切な部分ですが、それには食生活や生活環境が
大きく関わっていて、食事の度に口を動かすことで
咀嚼筋を使ったり、笑ったり、泣いたりするときは
もちろん、顔の筋肉は普段の生活ではあまり
意識しなくても、よく使っている部分なのです。

もっと意識して筋肉を使うことでたるみ
防ぐことができるのです。

生活環境の悪さが原因でストレスを感じてしまい、
気持ちも落ち込んで、自然と表情が暗くなると、
同時にほほも下に落ちてしまうのです。

エアコンによる乾燥や紫外線などの刺激、
それから疲労もたるみを作る元です。

肌に良い食事はもちろん、健康的な生活を心掛けて
たるみの原因をよく知ることで、たるみを防ぎ、
改善することが出来るのです。

タグ:顔,たるみ

顔の筋肉について

顔や首の筋肉には30もの筋肉があり、
筋肉はとても小さくて繊細にできています。

筋肉が衰えることは、目が細くなる、
ほおがたれて口角が下がる、二重あごになるなどの
症状につながります。

このような症状は女性にとってはな
んとしても避けたい症状です。

筋肉というと思い浮かぶのが表情筋ですが、
これは顔の表情が動く、というところから呼ばれているのです。

筋肉をエクササイズすると顔痩せ、
小顔効果があります。

唇下からあごに伸びる筋肉が代表的な表情筋で、
これは頤筋(おとがいきん)とも呼ばれています。

この表情筋が衰えることで、
二重あごを引き起こしてしまうことがあるのです。

前頭筋(ぜんとうきん)は眉の上から
額にかけての筋肉を言いますが、
この筋力が衰えると額の横じわができてしまいます。

眼輪筋(がんりんきん)は、
まぶたを閉じたり開いたりする役割がある筋肉です。

この筋力が低下することは目尻のシワや
上まぶたのタルミを作ることになってしまいます。

口角を上げる働きをするのが頬筋(きょうきん)で、
この筋力が落ちてくると口角が下がることになるのです。

これは怒っているような印象を与える
口元の原因になってしまうので注意が必要です。
タグ:顔,筋肉

顔のたるみと加齢

すべての女性にとって、いつまでたっても美しくいたい、
若いときの肌を維持していたいと思うことは、
永遠のテーマです。

歳を重ねるごとに皮膚たるむという老化現象は、
女性の大きな悩みのひとつです。

女性にとって大きな肌の悩みである
たるみは、どういった事が原因で起こるのでしょうか。

たるみの原因の多くは加齢に伴って
顔の肉を支えている筋肉が衰えることでたるみが
目立つようになることです。

また顔の皮膚の内部にも原因が潜んでいます。

歳をとるにつれ、美肌成分のコラーゲンや
エラスチンは減少し、顔のたるみを引き起こす場合も
あるのです。

残念なことに、このコラーゲンやエラスチンといった
皮膚成分の加齢による減少を防ぐことはできないのです。

そういうわけで、だんだん肌を支えている筋力が
減っていき、筋力の衰えた皮膚と脂肪ばかりが
増えるため、たるむというわけです。

歳をとれば筋力は衰えるわけで、
肌は重力に逆らうことができず、
下のほうへと移動してしまうのは、
食い止めることのできない現象です。

しかしそのままにするのではなく、
どうしてがたるむか原因を探ってみましょう。

それによりたるみの原因を上手にケアしながら、
肌にかかる重力の負担を最低限にまで減らすことは
可能なのです。

加齢により変化していく自分の肌と向き合い
確実なたるみ対策を見つけ出しましょう。
タグ:顔,たるみ

たるみ(ハリ・弾力)の悩み

肌老化の悩みナンバーワンの「たるみ」。

のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。
老け顔の最も大きな要因でもありますが、
実は「たるみ」はしみやしわと違い、
自分ではなかなか気づきにくい老化現象です。

若いとの明らかな違いを感じ、鏡を見て年齢を実感するのはその「たるみ」を自覚したときではないでしょうか?


■最大の原因は真皮層の衰え

若いは、たとえ重力があってもハリや弾力が
ありますので、ピンとはった状態ですが、
衰えた肌はその重力に負けてしまい、
どうしても下へ下へと下がって、たるんでいきます。
では肌はどうしてたるむのでしょうか?

表面のハリや弾力を支えているのは、
真皮層のエラスチンやコラーゲン。

肌にハリや弾力があるのは、コラーゲン線維の
方向が複雑に絡み合った立体的な網目構造と
なっているからです。

ハリや弾力のある肌では、この網目が、
一定の間隔をあけて存在しているのに対して、
ハリや弾力のない肌では、網目が増えすぎて、
皮膚組織の柔軟性をなくしてしまいます。

同時に、真皮層はそのの下にある脂肪層も支えています。
つまり表皮の部分と皮下組織を支えている状態です。
脂肪層は20歳前から徐々に減っていき、
真皮層も30歳を過ぎたころから衰え始めます。
そうすると、肌を支える力が弱まり、
たるみがおこってきます。たるみを感じる部分は、
目の下、頬、鼻のワキから口角、フェースラインなどの
脂肪が多い部分なのです。

■もうひとつの原因、筋肉の衰え

そしてもうひとつの大きな原因は、筋肉の衰え。
顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉があります。
この筋肉は真皮層に直接くっついています。
このように皮膚の土台となっているため、
その土台である筋肉が衰えると肌もたるんできます。

★有効なたるみ対策は?
では、もっともおすすめのたるみ予防は何でしょうか?
まずは、真皮層の衰えの原因である紫外線対策。
それに肌に十分栄養を運び老廃物の除去を促すために、
血行をよくしてあげることも効果的です。
そのためには、マッサージもおすすめです。
また、もうひとつの原因でもある筋肉を鍛えることも重要です。

更に、女性ホルモンの分泌量が低下することで、
繊維芽細胞から分泌されるコラーゲン量も
減ることが知られています。

よって、表面のハリや弾力を支えている
真皮層のエラスチンやコラーゲンの変化に影響を与えます。
20代を過ぎると穏やかに女性ホルモン分泌量が低下し、
40歳を過ぎると急激に低下するため、
日頃から女性ホルモンの機能をサポートする
化粧品の使用をお勧めします。

コラーゲン生成を促し、弾力のある肌へと
サポートしてくれる成分の入ったスキンケア製品などを
上手に利用してカバーしましょう。

どうしても気になる場合は、最終的には医学的治療を
検討してみてください。
注射による治療や外科的治療がありますので
考慮してみるのもいいかもしれません。


★肌再生の成分

■老化により肌はしぼんでいく
年齢を重ねてくると、肌のハリが無くなり
しわが目立ってきます。

表皮のターンオーバーの速度が遅くなったり、
真皮層の弾力成分であるコラーゲン、エラスチン、
またその間を埋めるゼリー状の物質、
ヒアルロン酸などもが疲労し、
劣化していくことが原因と考えられます。
真皮層が菲薄化していく(=薄くなる)するのです。

■肌のしぼみを遅らせるには?
では、肌のしぼみを遅らせるためにはどうすればいいでしょうか?
まずは紫外線対策や活性酸素対策などの外的要因をなくすこと。
そしてもうひとつは、表皮のターンオーバーの
サイクルを正常にしたり、真皮にあるコラーゲン
エラスチン、ヒアルロン酸など肌の弾力成分の
破壊を防いだり、それらを生み出す「線維芽細胞」を
活性化させることです。

たるみ/線維芽細胞を活性化させる成分

●ビタミンC
美肌の万能成分、ビタミンC。
抗酸化成分、コラーゲン増加作用など、
美白効果以外にも、実にさまざまな有効な作用があります。

以前から「によい」とされてきたビタミンCも、
実は大変壊れやすい成分のため、浸透力が弱く効果は
あまりありませんでした。

しかし、「リン酸Lアスコルビル」など、
ビタミンCの分子に少し手を加えて改善した
「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分が登場し、
壊れにくく、有効成分が浸透できるようになりました。
また、最近では高濃度のまま安定化された
「高濃度安定型ビタミンC」も普及してきています。

・肌再生作用
浸透したビタミンCは、真皮層の線維芽細胞を活性化して、
コラーゲンを生成し、しわ対策に有効です。

その他にも以下のような作用があります
美白作用
・抗酸化作用


●レチノイン酸
ビタミンA酸であるレチノイン酸。
表皮の細胞分裂を早めて、ターンオーバーを促します。
それにより表皮の厚みが増し、角質層を薄くしていきます。
しかも、表皮のヒアルロン酸の成分を増やし、
にみずみずしさを与えます。
また、真皮層に働きかけ、コラーゲンを活性化させます。

ただし、作用が強い分、皮膚への負担も大きく、
皮がむけたり、赤くなるなどの副作用があり、
経過を見ながらの治療が必要となりますので、
医師の指導下でのみ、使用が可能です。

アメリカなど海外では、外用薬として
しわ治療に用いられていますが、
日本ではまだ薬としての販売が認められておらず、
医師が自家製剤として調合しています。


●レチノール
ビタミンAのこと。
レチノイン酸に似た物質で、に塗ると一部が
レチノイン酸に変化します。表皮細胞に作用して
細胞を増殖を促させ、表皮の厚みを増す作用があります。
ただし、同じ量のレチノイン酸と比べると効果は
約20〜30分の1です。

しかし、安全性が高く、皮がむけたり赤くなったりという
副作用はほとんど無く、化粧品として安心して使える成分です。
レチノール自体は酸素や紫外線に弱く非常に
壊れやすい成分なので、容器のふたをきちっと
閉めるなどの管理をしてください。

●植物性女性ホルモン様成分(イソフラボン等)
皮膚の老化の原因に、紫外線とともに注目されているが、
女性ホルモンの減少です。
更年期にさしかかるころ、次第にホルモンのバランスが
崩れだして、肌のうるおい成分の減少などの
老化現象が目立ってきます。

そこで、注目されたのが女性ホルモンのような作用がある
「植物性女性ホルモン様成分(イソフラボンなど)」です。

・肌再生作用
女性ホルモンは、線維芽細胞に働きかけ、
ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を活性化します。
同様にイソフラボンも真皮層のコラーゲンの
代謝活性を向上して、に張りを持たせる作用が期待できます。


http://www.anti-ageing.jp/nayami/tarumi/index.html

こちらから引用させて頂きました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。