顔の皺を防止する

の無い肌を目指すためには、肌への有効成分を
利用するようにし、普段のスキンケアから
見直さなければなりません。

自分の肌の状態をきちんと認識し、
足りない成分を補ってあげることが
顔の皺を防止するための方法になるのです。

まずは保湿性の高い化粧品を使うことから
始めてみて、それからサプリメントで
補充するのがいい方法でしょう。

とにかく乾燥こそがを作る元なので、
クレンジングや洗顔で汚れをきちんと
落としたあとに、ヒアルロン酸がたっぷり入った
化粧水や乳液、パックなどを使って肌に水分を
与えるようにしましょう。

を防止する際に注意しなければならないのは、
雑な洗顔をしたり、刺激の強い化粧品を使うと、
余計に皺を増やすことになりかねません。

肌の負担にならないものを選ぶ必要があります。

を防止するためにマッサージを行って
血行を促進したり、エクササイズによって
筋肉を鍛えたりすることも効果的です。

強いマッサージは、皮膚を傷め、皮膚を
必要以上に伸ばすことにもなってしまうので、
逆に皺の原因になってしまいます。

食生活の改善もを防止する効果があります。

たとえばコラーゲンたっぷりの食事を
摂るようにしたり、肌荒れの原因にもなる偏食を
なくしたり、過剰なダイエットで栄養不足に
ならないようにするなど、自分の食生活を
見直してみましょう。

簡単に出来ることから始めるようにして、
ある程度のを防止・解消することは可能ですが、
ヒアルロン酸やコラーゲンを直接注入する美容整形も
人気です。

プチ整形と呼ばれるこの整形手術は、
簡単にできることから人気が上がっている方法ですが、
効果がずっと続くのではなく、継続して
行う必要があるので、費用はかかることを
頭に入れておかなければまりません。

一時的な解消では、を無くしたことには
なりませんので、体の改善が皺を根本から
防止する一番のポイントです。
タグ:顔,皺,防止

アンチエイジング しわの原因

■ やはり一番の原因は紫外線

どんなしわも根本的な原因は、もちろん「皮膚の老化」。
真皮層にある「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」が
加齢により、量が減少したり変性することにより、
肌の弾力が失われてきてしまいます。

しかし、最も大きな外的要因は何といっても「紫外線」です。
紫外線は、いわゆる「日焼け」を起こすものと思われがちですが、
それだけではなく、「光老化」というものを起こすのです。

いつも衣服で覆われている部分とちがい、顔は常に露出しており、「光老化」に侵されやすく、シワも目立ってくるのです。

健康な真皮では、コラーゲンがしっかりと集まって束を作り、
真皮の支柱役をになっています。
また、その間をエラスチンがゴムのバネのように
張り巡らされています。

ところが、紫外線にあたるとコラーゲンは小さく切断され、
エラスチンを変性させる酵素が分泌がなされます。
そして、皮膚が弾力を失ってたるみ、シワとなるのです。

わずか数分間紫外線を浴びただけで、
数時間後には私たちの皮膚コラーゲン
切断する酵素が作られ始めます。
特に、長年紫外線を浴び続けたは、
コラーゲンが小さく切断された状態になっています。

子供の頃はつぎつぎと新しいコラーゲンや
エラスチンを作る能力があるので、新しい線維ができ、
しわになりません。
しかし、年齢を重ねた肌は、新しい線維をつくる
能力がだんだんとおとろえて、傷ついた線維がのこり、
シワとして蓄積されると考えられます。

■小さなしわは乾燥から
もうひとつの大きな原因は、乾燥です。
ずっと乾燥にさらされると、角質層の表面が
乾いてはがれやすくなり、隙間ができてきます。
この隙間から、表皮の水分が蒸発していきます。

その結果、水分を失った皮膚は薄く硬くなり、
小ジワが出来てしまいます。
もっとも、本来、角質層には水分の喪失や外部の
有害物質の侵入を妨げるバリア機能があります。

そのため、健康な皮膚なら乾燥しません。
しかし、20歳を過ぎた頃から、肌は乾燥がちになってきます。
これは、角質細胞の保湿力を担うアミノ酸と、
角質細胞をつなぐ細胞間脂質が、年齢とともに減少するからです。

■その他の原因
そのほかにも、さまざまな原因が考えられます。

●活性酸素
ストレスや喫煙などで活性酸素が発生。
肌が酸化することにより、真皮層のコラーゲン
変質して硬くなり、弾力がなくなります。

●角質や真皮層の弾力低下
加齢により、角質層の天然保湿因子(NMF)や
細胞間脂質の量が減ってきたり、真皮層のコラーゲンや
エラスチン、その間を埋めるヒアルロン酸などの量が
減少して肌の弾力が低下してきます。

●女性ホルモンの減少
女性ホルモンは皮膚の弾力を支える真皮層コラーゲン
エラスチンや角質層のヒアルロン酸の生成にかかわってきます。
女性ホルモンは20代から30代前半をピークに減少し始めます。

●顔の筋肉の緊張
顔をしかめたり笑ったり。これらは次第に眉間や目じり、
額などに「表情じわ」となっていきます。

■まずは、しわができないようにしっかり予防。
以上のような原因から、しわを食い止めるには、
万全な紫外線対策と乾燥対策が必要となってきます。

まずはサンスクリーン剤と保湿効果の高いスキンケアでのケア。
紫外線から肌を守るためにはUVA、UVBが十分に
カットできるサンスクリーン剤を、
角質層のバリア機能を高めるためにも保湿剤を使うことが大切です。

また、活性酸素を発生を防ぐため、酸化防止成分が
入ったスキンケア用品を使ったり、
ストレスをためない規則正しい生活を心がけることも大切です。

■では、出来てしまったしわには?
もちろん、それ以上の進行がないように、
日々のスキンケアで乾燥対策、紫外線対策を行うことが必要です。

また、最近では、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの
再生を促すスキンケア商品も市販されていますので、
そのような成分でのスキンケアも行っていきましょう。

また、化粧品で治らない深いしわについては、
皮膚科などの医療機関で、外用薬やボトックス注射、
ヒアルロン酸の注入などのメスを使わない治療や
形成外科による外科的手術での治療となります。

★肌の再生を促す

■老化により肌はしぼんでいく
年齢を重ねてくると、肌のハリが無くなりしわが目立ってきます。

表皮のターンオーバーの速度が遅くなったり、
真皮層の弾力成分であるコラーゲン、エラスチン、
またその間を埋めるゼリー状の物質、
ヒアルロン酸などもが疲労し、
劣化していくことが原因と考えられます。
真皮層が菲薄化していく(=薄くなる)するのです。

■肌のしぼみを遅らせるには?
では、肌のしぼみを遅らせるためにはどうすればいいでしょうか?
まずは紫外線対策や活性酸素対策などの外的要因をなくすこと。
そしてもうひとつは、表皮のターンオーバーの
サイクルを正常にしたり、真皮にあるコラーゲンや
エラスチン、ヒアルロン酸など肌の弾力成分の
破壊を防いだり、それらを生み出す「線維芽細胞」を
活性化させることです。

アンチエイジングには、紫外線対策と乾燥対策・
ストレスと上手に付き合うことが大切ですね。




アンチエイジング しわ予防成分


■線維芽細胞を活性化させる成分

●ビタミンC
美肌の万能成分、ビタミンC。抗酸化成分、
コラーゲン増加作用など、美白効果以外にも、
実にさまざまな有効な作用があります。

以前から「肌によい」とされてきたビタミンCも、
実は大変壊れやすい成分のため、
浸透力が弱く効果はあまりありませんでした。

しかし、「リン酸Lアスコルビル」など、
ビタミンCの分子に少し手を加えて改善した
「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分が登場し、
壊れにくく、有効成分が浸透できるようになりました。

また、最近では高濃度のまま安定化された
「高濃度安定型ビタミンC」も普及してきています。

ビタミンCはアンチエイジングには欠かせない
存在かもしれません。

・肌再生作用
浸透したビタミンCは、真皮層の線維芽細胞を活性化して、
コラーゲンを生成し、しわ対策に有効です。

その他にも以下のような作用があります
美白作用
・抗酸化作用


●レチノイン酸
ビタミンA酸であるレチノイン酸。
表皮の細胞分裂を早めて、ターンオーバーを促します。
それにより表皮の厚みが増し、角質層を薄くしていきます。
しかも、表皮のヒアルロン酸の成分を増やし、
肌にみずみずしさを与えます。
また、真皮層に働きかけ、コラーゲンを活性化させます。

ただし、作用が強い分、皮膚への負担も大きく、
皮がむけたり、赤くなるなどの副作用があり、
経過を見ながらの治療が必要となりますので、
医師の指導下でのみ、使用が可能です。

アメリカなど海外では、外用薬としてしわ治療に
用いられていますが、日本ではまだ薬としての
販売が認められておらず、医師が自家製剤として
調合しています。


●レチノール
ビタミンAのこと。
レチノイン酸に似た物質で、肌に塗ると一部が
レチノイン酸に変化します。

表皮細胞に作用して細胞を増殖を促させ、
表皮の厚みを増す作用があります。
ただし、同じ量のレチノイン酸と比べると効果は
約20〜30分の1です。

しかし、安全性が高く、皮がむけたり赤くなったりと
いう副作用はほとんど無く、化粧品として
安心して使える成分です。

レチノール自体は酸素や紫外線に弱く非常に
壊れやすい成分なので、容器のふたをきちっと
閉めるなどの管理をしてください。

●植物性女性ホルモン様成分(イソフラボン等)
皮膚の老化の原因に、紫外線とともに注目されているが、
女性ホルモンの減少です。
更年期にさしかかるころ、次第にホルモンの
バランスが崩れだして、肌のうるおい成分の減少などの
老化現象が目立ってきます。

そこで、注目されたのが女性ホルモンのような
作用がある「植物性女性ホルモン様成分
(イソフラボンなど)」です。

・肌再生作用
女性ホルモンは、線維芽細胞に働きかけ、
ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を活性化します。
同様にイソフラボンも真皮層のコラーゲンの
代謝活性を向上して、に張りを持たせる作用が
期待できます。

アンチエイジングに上手に役立てたいですね。

http://www.anti-ageing.jp/nayami/shiwa/index.html
こちらから引用させて頂きました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。