シミ取りの治療法

シミ取りにはレーザー治療のような高価な
治療の他にもケミカルピーリングというものがあります。

このケミカルピーリングというシミ取り法は、
特殊な薬剤を使用して肌の角質を剥がし、
新陳代謝を促すことでシミを取るのです。

シミ取りの治療のために使われる薬剤は
いく種類もありますが、グリコール酸やAHA、
フルーツ酸といった薬剤が使われ、これらを皮膚に
塗ることで、肌のターンオーバーを促進させるのです。

ケミカルピーリングの良いところは、
大変短い時間で施術が終わり、シミ取りの
治療としては比較的気軽に行うことができると
いうところです。

きちんと施術の説明も聞けるように、
できれば専門の皮膚科で施術をしてもらうと良いでしょう。

ケミカルピーリングを受けた後は
一時的に肌が水分不足になったり皮膚が
敏感になったりすることがあります。

このように病院でのアドバイスはしっかり
受けて知らないことのないようにし、スキンケア、
紫外線対策も忘れないようにしましょう。

またシミ取りの治療法で、欧米で主に
利用されるようになっているがトレチノイン療法で、
このトレチノインとはビタミンAの一種なです。

この方法は、皮膚に直接塗ることによって
肌の奥底にたまった角質を溶かすという治療法です。

トレチノインにより皮膚の新陳代謝や
ターンオーバーを促進させてメラニン色素を排出させます。

このシミ取り治療で忘れてはならないのは、
施術後に肌が赤くなったり、ヒリヒリすることがあることで、
医師の指示をきちんと受けて、スキンケアることが
大切になります。

このトレチノイン治療は塗り薬を塗るだけの
簡単な方法で、しかも費用も安く数週間で
シミを取り除くことができるので、
これから少しずつ日本でも普及していくかもしれません。

シミ取りレーザー.


皮膚にシミができたときは、そ
れをなんとかして取りたいと思う人は多いでしょう。

シミ取りには、まずレーザー治療
いいのではないかと思う人もいるでしょう。

そのレーザー治療とは皮膚科や美容外科などが
行っている治療法です。

このレーザー治療は一般的に、
肌のシミの原因といわれるメラニン色素の黒い部分に
反応してシミを取るというのが一般的な方法となっています。

レーザーによるシミ取りは肌を痛めることもなく安全です。

中には術後にかさぶたや色素沈着になる場合も
ありますが、その後紫外線にあたらないように
気をつけてさえいれば、数日できれいな肌になるのです。

1回の治療時間も大変短く、そのあとすぐに
メイクをすることも可能な上、シミ取りのレーザー治療中、
ゴムで弾かれた感じがする程度で痛みもほとんどありません。

けれども、レーザー治療の料金は普通の病気の治療とは
わけが違います。

シミ取りレーザー治療をしたいと考えていえる人は
皮膚科などでしっかりと診察を受けて、自分の納得の
できる病院選びをすることをおすすめします。

シミ取りの方法はレーザー治療以外にも色々とあるので、
レーザー治療をと思い立つ前に、自分自身の生活習慣を
見直てみることも大切です。

お肌のターンオーバーの周期を正常にするための努力や
紫外線対策をしっかりとしてスキンケアを
念入りにすることも重要です。

それでもどうしてもシミが取れないというときに、
レーザー治療を考えるようにしてはどうでしょうか。

アンチエイジング シミの原因

■年々増えてくるしみ
30歳を過ぎた頃から、年々気になってくるしみ
いったんできるとなかなか消えず、
しみがあるとやはり老けて見られてしまうようで、
鏡を見るたびにとても気になるものです。

では、いったいなぜしみは出来るのか。
その気になるメカニズムと対策について考えてみましょう。

■主なしみ原因はの老化と紫外線などによる刺激
皮膚が老化すると、細胞活性が衰えて、
メラニンの代謝も悪くなり、色素が皮膚にたまりやすくなります。

それに加えて、紫外線を浴びたり、
皮膚が炎症を起こしたりすると、
細胞の核を紫外線から守ろうとして、
黒いメラニン色素を作る作用を持った、
表皮の一番下にあるメラノサイトという細胞が活性化されます。

部分的にメラノサイトが活発化すると、
メラニン色素をたくさん含む表皮細胞が層になり、
しみとなってしまうのです。

また、角質層や表皮の上部にメラニン色素が
たまった状態になると、「くすみ」となり
肌の透明感が失われます。

■美白化粧品で消せるしみ
ひとくちにしみといっても様々な種類があり、
美白化粧品で消せるものと医師の治療でしか
消せないものがあります。

まずは、セルフケアとして美白化粧品を使うことで
消えるしみをみていきましょう。

ざらつきや厚みがない場合は、市販の美白化粧品でも
対処できます。
主なものは、妊娠期や更年期に出来る「肝斑」や、
光老化で出来た「老人性色素斑」で厚みがないものなどです。

美白化粧品の主な作用は、メラニン色素の産生を
抑えること。ですから、紫外線を浴びてできたばかりのしみや、
できつつあるしみに一番効果を発揮します。

ただし、昔からのしみはメラニン色素が深い部分に
あることも多いので、効きにくいことも多いようです。
美白化粧品を半年以上使用しているのに、
改善が見られないようであれば、医師に相談をしてみましょう。

■医師の治療でしか消せないしみ
それに対して、医師の治療でしか消せないしみがあります。
厚みやざらつきがあるしみです。
これは、「老人性色素斑」の厚みがあるものや
「脂漏性角化症」というものです。

これらは、メラニン色素を持つ表皮細胞や角質が
厚くなっているものです。
これらのしみには、いくら美白化粧品を使っても
効果が出ませんが、医師の治療を受けることで
治すことが出来ます。

ハイドロキノンやレチノイン酸などの外用薬、
内服薬の処方やレーザー治療などが用いられます。

最強のシミ対策は?
では、もっともおすすめのしみ治療法はなんでしょうか。
それは、ずばり「紫外線防止」です。
しみの原因を作らないことはもちろんですが、
せっかく美白化粧品を何ヶ月も使用しても、
無防備に紫外線に当ってしまうと、
またしみが濃くなってしまいます。

また、医師の治療中は紫外線の影響を受けやすくなって
かえってしみが濃くなることもあります。

アンチエイジングは常日頃のこまめなケアが大切ですね。

アンチエイジング シミ対策


★ 注目の美白成分


■メラニン生成を抑える美白成分と還元作用の美白成分

●ビタミンC
美肌の万能成分、ビタミンC。抗酸化成分、
コラーゲン増加作用など、美白効果以外にも、
実にさまざまな有効な作用があります。

以前から「肌によい」とされてきたビタミンCも、
実は大変壊れやすい成分のため、浸透力が弱く効果は
あまりありませんでした。

しかし、「リン酸Lアスコルビル」など、
ビタミンCの分子に少し手を加えて改善した
「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分が登場し、
壊れにくく、有効成分が浸透できるようになりました。

また、最近では高濃度のまま安定化された
「高濃度安定型ビタミンC」も普及してきています。

美白作用
特にビタミンCの美白成分は、チロシンから
メラニン色素がつくられるのをブロックするのと同時に、
メラニン色素を淡色化する「還元作用」があり、
即効性が期待できます。
日焼け後すぐの美白ケアや、角質や表皮にメラニン色素が
残って、くすんだ状態の肌の美白に有効です。

その他にも以下のような作用があります
・抗酸化作用
・肌再生作用


●ハイドロキノン
即効性をもとめるなら、ハイドロキノン。
新アメリカでは広く使われる成分。
日本では化粧品としての配合が許可され、
化粧品に配合されるようになったのは2002年からです。

他の美白成分の多くが新たなメラニン合成を
食い止めるだけなのに対して、メラニン色素の合成に
欠かせないチロシナーゼという酵素の働きを強力に抑制し、
既にあるメラニンの色を淡色化する
「還元作用」を持つためです。

分解・変色しやすいという欠点もあり、
変色すると効果が弱まるので、きちんとふたを締めて、
冷蔵庫などで保存しなければなりません。
また、赤くなってアレルギー反応を起こす人もいるので、
高い濃度のものは、医師に相談の上、
使用したほうがいいでしょう。

これからアンチエイジングにはかかせなくなるかも
しれませんね。


●アルファ アルブチン
ハイドロキノンのような即効性はありませんが、
肌にトラブルがほとんどない成分です。
ハイドロキノンにブドウ糖がついた構造で、
ハイドロキノン同様に、メラニン合成酵素を
非常に強く邪魔をします。しかも、ハイドロキノンがもつ、
化学的に不安定で分解しやすい、肌に刺激がでやすいという
部分を解決し、が弱い人でも安心して使っていただける成分です。ハイドロキノンとの違いは、「還元作用」がないことです。

●植物性女性ホルモン様成分(イソフラボン等)
皮膚の老化の原因に、紫外線とともに注目されているが、
女性ホルモンの減少です。
更年期にさしかかるころ、次第にホルモンのバランスが
崩れだして、肌のうるおい成分の減少などの
老化現象が目立ってきます。

そこで、注目されたのが女性ホルモンのような
作用がある「植物性女性ホルモン様成分
(イソフラボンなど)」です。

美白作用
アルブチンに匹敵する強いメラニン生成抑制作用があり、
シミなどの色素沈着を防ぐ効果が期待されます。

その他にも以下のような作用があります。
・肌再生作用

アンチエイジングに上手に上手に活用したいですね。

http://www.anti-ageing.jp/nayami/shimi/index.html
から引用させて頂きました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。