アンチエイジング対策


アンチエイジング対策として
いつまでも若々しい身体を保つためには

1,「抗酸化」←守る

2,「デトックス」←出す

3,「ホルモン補充」←補給する。

3つの対策が重要だと考えます。
これらのアンチエイジング対策が
必要な理由を説明していきましょう。

アンチエイジング対策その@

1,活性酸素から身を守る抗酸化

■抗酸化とは具体的にどのようなことをするのか

活性酸素の発生を抑えるには、
抗酸化物質を摂るのが有効です。
抗酸化物質には、コエンザイムQ10、
ビタミンC、ビタミンE、ニンジンなどの
緑黄色野菜に含まれるベータカロチン、ビタミンA、
ピーナッツの皮や赤ワインに含まれる
ポリフェノールなどがあります。
食品に含まれているほか、サプリメントもあります。

コエンザイムは最近アンチエイジング対策として
注目されてますね。

また、体内にEDTAなどのキレート剤を
点滴する治療「キレーション」にも
活性酸素の発生を抑える効果があるといわれています。

アンチエイジング対策そのA

2,デトックスの方法とは

ダイオキシンなどの有害化学物質、
水銀や鉛などの有害重金属をからだの
外へ排出することを「デトックス」といいます。

デトックスには、食事療法、汗をかく、
デトックスサプリメントを
摂取するといったさまざまな方法があります。

毒素の75%は便として、20%は尿として、
3%は汗、2%は毛髪と爪から排出されますので、
腸内環境を整え、便通をスムーズに
しておくことも重要なデトックス法のひとつです。

排出することもアンチエイジングにとっては
重要なんですね。

アンチエイジング対策そのB

3,ホルモン補充の方法

医療機関で血液や唾液からホルモン量を検査し、
その結果によって不足している
ホルモンを補充します。

成長ホルモン、メラトニン、性ホルモンの
エストロゲンとプロゲステロン、
性ホルモンの前駆物質のDHEAやプレグレノロン、
甲状腺ホルモンなどが現在日本の医療機関で
処方されています。

クリームを塗布する、スプレー式、
サプリメント、注射といった方法で実施されています。

以上のように、
細胞を傷つけシミやシワといった肌老化だけでなく、
ガンや生活習慣病をも引き起こすと
いわれている活性酸素の働きを阻止する「抗酸化」、

酵素の働きを阻害する毒素を排出する「デトックス」、
足りなくなったホルモンを補充して
体調を整える「ホルモン補充」の
3つの対策がアンチエイジングにとって需要と考えられます。

http://www.anti-ageing.jp/taisaku/#kousanka
こちらから引用させて頂きました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。