まぶたたるみの理由


まぶたたるみは、筋肉が衰えたり肌がたるむことによって
起こります。

まぶたたるみが出て目元のあたりまで落ちるようになると、
目元の感じが重たくなってしまいます。

まぶたに力を入れて目を開き、狭くなった
視界を開こうとするため、どうしても額や眉間に
しわができやすくなるのです。

まぶたたるみが原因で目つきが悪く見えるときがあり、
きつい印象を与えてしまうこともあります。

まぶたたるみがひどくなると、肩こり、偏頭痛、
それから眼精疲労などを引き起こします。

まぶたを持ち上げる筋肉の力が極度に弱まると、
上まぶたが過度にたるみます。

そのたるみが正面を向いたときでも瞳のところまで
垂れたようになった状態があり、これを眼瞼下垂と呼ぶのです。

この眼瞼下垂の症状がさらにひどくなってものを
見るために下あごをあげるほどになると、
頭痛や吐き気を訴えるようになることもあるのです。

先天的に眼瞼下垂の人もいれば、後天的になる人もいます。

後天性は加齢によるものやコンタクトレンズの
長期装用やテレビゲーム、パソコンによる目の酷使によっても
引き起こされます。

まぶたは顔の他の部位に比べて皮膚が薄く、
乾燥しやすくてハリを保つ力がやや弱いため、
まぶたの皮膚そのものがたるみやすい部位なのです。

顔の中でも特別デリケートなのがまぶたで、皮膚のハリや、
筋力のバランス、それから脂肪も適度にあることが大事で、
これが崩れるとたるみになるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。