まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える


まぶただけでなく、どの人間の筋肉も使わないでいると
弱まっていきます。

まぶたを支える筋肉も例外ではなく、加齢などの要素も
加わってまぶたはますますたるみが出るのです。

まぶたの筋肉を衰えさせないよう、疲れない程度に筋肉を
鍛えることがまぶたのたるみ予防にも有効です。

目の周りにも眼輪筋と呼ばれる筋肉がついていますが、
使わないとその力も低下します。

使おうとしない限り使われることはほとんどない眼輪筋ですが、
少しずつでも鍛えていけばまぶたたるみ防止にはなり、
表情筋も一緒に鍛えるようにすると、かの表情を
豊かにすることもできます。

意識的に瞬きを繰り返す方法で、眼輪筋を簡単に
鍛えるとこともできます。

普段の瞬きでは下まぶたを動かすことはほとんどありませんが、
上まぶたが動かないよう軽く指で押さえながら下まぶたを
持ち上げるように瞬きをしてみましょう。

そうすることで下まぶたの筋肉が動いて鍛えられるので、
まぶたたるみを解消するのに役立つのです。

そして顔全体の運動として、顔を中心に集めるようにしたり
大きく広げたり、目をぱっとひらいてからしっかり
閉じたりする動作を繰り返しましょう。

こんな瞬きの運動をすることも、まぶたたるみ防止には
役立ちます。

毎日のちょっとあいた時間に数分間続けることにより、
効果が現れます。

わずかな時間でどこにいてもできる運動なので、
継続することによりまぶたのたるみ防止に役立てましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。