加齢による目の下たるみ

目の下たるみは、顔の中でも特に気になる部分で、
ここがたるんでいるとなんとなく老けた印象を
もたれてしまいます。

目の下たるみができる要因は、年齢とともに
肌が衰えることが第一にあげられます。

肌のたるみは10代ほどの若い人にはありませんが、
20代を超えると、だんだん肌のたるみに
気がつくようになるのです。

この目の下たるみは、顔の筋肉と皮膚が老化することで
起こります。

歳を重ねるごとに人間の皮膚は薄くなっていき、
弾力を失っていくため、保持機能も低下していくのです。

歳をとるとさらに目の下の細胞はふくらんで浮腫のような
状態になるため、肌全体もふくらんで垂れ下がったような状態なり、
たるみとなります。

目のまわりの筋肉は眼の開け閉めの際に使われますが、
あけるときは上眼瞼拳筋が、閉じるときは眼輪筋が使われます。

目の周囲にある筋肉はとても薄くて小さく、弱くなりやすい筋肉で、
歳をとるとこの筋肉が衰えるため皮下脂肪を支える力も
低下して、これも原因で目の下たるみができてしまうのです。

目の下たるみ具合を自分で確認する方法があります。

大きく口を開けて天井を見て、目の下につまめる部分が
あるか確認しましょう。

手でつまめる皮膚があれば、それが目の下たるみです。

肌も歳をとると弾力がなくなってきて、毛穴は
垂れ下がって楕円形のようになるので、このような毛穴が
見つけられれば、たるみがあるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。