目の下たるみの原因

老化のほかにも、目の下たるみができる要因は
いくつか考えられます。

目のまわりの筋肉が弱くなると肌の弾力も低下し、
目の下たるみの中身が脂肪であるため、その脂肪を
押し出す形で垂れ下がってしまいます。

血行不良、リンパ循環低下などの理由により、余った水分や
脂肪が体外に排出されないと、皮下脂肪は増加するばかりで、
目の下たるみを作ってしまいます。

目の下の脂肪は体質的に多い人と少ない人がいて、
生まれつき目の下の脂肪が多い人はくまやたるみ
できやすいようです。

目の下の脂肪が多い人は、目の下に色素沈着を起こしやすく、
目の下の原因を作ってしまうのです。

特に生まれつき目の大きい人や頬骨が張っている人は
たるみが出やすいようです。

筋肉が衰えるのは、日々の生活になにか要因が
あったりもします。

パソコンを見る、パチンコをする、などじっと
見続けるような作業を長時間すると、瞬きが減るため
目のまわりの筋肉は衰えるのです。

油分を多く使った化粧品を使いすぎると、
目の下たるみが起きることもあります。

基礎化粧品に含まれる界面活性剤や油性成分は、
肌の弾力を保つ繊維を破壊するため、目の下たるみ
つながることがあります。

それから紫外線によって、皮膚の真皮層にある
エラスチンやコラーゲンが弾力を奪われたりします。

紫外線を長時間浴びると皮膚の弾力性が落ちて
目の下たるみやすくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。