シミ取りの治療法

シミ取りにはレーザー治療のような高価な
治療の他にもケミカルピーリングというものがあります。

このケミカルピーリングというシミ取り法は、
特殊な薬剤を使用して肌の角質を剥がし、
新陳代謝を促すことでシミを取るのです。

シミ取りの治療のために使われる薬剤は
いく種類もありますが、グリコール酸やAHA、
フルーツ酸といった薬剤が使われ、これらを皮膚に
塗ることで、肌のターンオーバーを促進させるのです。

ケミカルピーリングの良いところは、
大変短い時間で施術が終わり、シミ取りの
治療としては比較的気軽に行うことができると
いうところです。

きちんと施術の説明も聞けるように、
できれば専門の皮膚科で施術をしてもらうと良いでしょう。

ケミカルピーリングを受けた後は
一時的に肌が水分不足になったり皮膚が
敏感になったりすることがあります。

このように病院でのアドバイスはしっかり
受けて知らないことのないようにし、スキンケア、
紫外線対策も忘れないようにしましょう。

またシミ取りの治療法で、欧米で主に
利用されるようになっているがトレチノイン療法で、
このトレチノインとはビタミンAの一種なです。

この方法は、皮膚に直接塗ることによって
肌の奥底にたまった角質を溶かすという治療法です。

トレチノインにより皮膚の新陳代謝や
ターンオーバーを促進させてメラニン色素を排出させます。

このシミ取り治療で忘れてはならないのは、
施術後に肌が赤くなったり、ヒリヒリすることがあることで、
医師の指示をきちんと受けて、スキンケアることが
大切になります。

このトレチノイン治療は塗り薬を塗るだけの
簡単な方法で、しかも費用も安く数週間で
シミを取り除くことができるので、
これから少しずつ日本でも普及していくかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。