顔の筋肉について

顔や首の筋肉には30もの筋肉があり、
筋肉はとても小さくて繊細にできています。

筋肉が衰えることは、目が細くなる、
ほおがたれて口角が下がる、二重あごになるなどの
症状につながります。

このような症状は女性にとってはな
んとしても避けたい症状です。

筋肉というと思い浮かぶのが表情筋ですが、
これは顔の表情が動く、というところから呼ばれているのです。

筋肉をエクササイズすると顔痩せ、
小顔効果があります。

唇下からあごに伸びる筋肉が代表的な表情筋で、
これは頤筋(おとがいきん)とも呼ばれています。

この表情筋が衰えることで、
二重あごを引き起こしてしまうことがあるのです。

前頭筋(ぜんとうきん)は眉の上から
額にかけての筋肉を言いますが、
この筋力が衰えると額の横じわができてしまいます。

眼輪筋(がんりんきん)は、
まぶたを閉じたり開いたりする役割がある筋肉です。

この筋力が低下することは目尻のシワや
上まぶたのタルミを作ることになってしまいます。

口角を上げる働きをするのが頬筋(きょうきん)で、
この筋力が落ちてくると口角が下がることになるのです。

これは怒っているような印象を与える
口元の原因になってしまうので注意が必要です。
タグ:顔,筋肉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。