顔のたるみと加齢

すべての女性にとって、いつまでたっても美しくいたい、
若いときの肌を維持していたいと思うことは、
永遠のテーマです。

歳を重ねるごとに皮膚たるむという老化現象は、
女性の大きな悩みのひとつです。

女性にとって大きな肌の悩みである
たるみは、どういった事が原因で起こるのでしょうか。

たるみの原因の多くは加齢に伴って
顔の肉を支えている筋肉が衰えることでたるみが
目立つようになることです。

また顔の皮膚の内部にも原因が潜んでいます。

歳をとるにつれ、美肌成分のコラーゲンや
エラスチンは減少し、顔のたるみを引き起こす場合も
あるのです。

残念なことに、このコラーゲンやエラスチンといった
皮膚成分の加齢による減少を防ぐことはできないのです。

そういうわけで、だんだん肌を支えている筋力が
減っていき、筋力の衰えた皮膚と脂肪ばかりが
増えるため、たるむというわけです。

歳をとれば筋力は衰えるわけで、
肌は重力に逆らうことができず、
下のほうへと移動してしまうのは、
食い止めることのできない現象です。

しかしそのままにするのではなく、
どうしてがたるむか原因を探ってみましょう。

それによりたるみの原因を上手にケアしながら、
肌にかかる重力の負担を最低限にまで減らすことは
可能なのです。

加齢により変化していく自分の肌と向き合い
確実なたるみ対策を見つけ出しましょう。
タグ:顔,たるみ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。