アンチエイジング シミの原因

■年々増えてくるしみ
30歳を過ぎた頃から、年々気になってくるしみ
いったんできるとなかなか消えず、
しみがあるとやはり老けて見られてしまうようで、
鏡を見るたびにとても気になるものです。

では、いったいなぜしみは出来るのか。
その気になるメカニズムと対策について考えてみましょう。

■主なしみ原因はの老化と紫外線などによる刺激
皮膚が老化すると、細胞活性が衰えて、
メラニンの代謝も悪くなり、色素が皮膚にたまりやすくなります。

それに加えて、紫外線を浴びたり、
皮膚が炎症を起こしたりすると、
細胞の核を紫外線から守ろうとして、
黒いメラニン色素を作る作用を持った、
表皮の一番下にあるメラノサイトという細胞が活性化されます。

部分的にメラノサイトが活発化すると、
メラニン色素をたくさん含む表皮細胞が層になり、
しみとなってしまうのです。

また、角質層や表皮の上部にメラニン色素が
たまった状態になると、「くすみ」となり
肌の透明感が失われます。

■美白化粧品で消せるしみ
ひとくちにしみといっても様々な種類があり、
美白化粧品で消せるものと医師の治療でしか
消せないものがあります。

まずは、セルフケアとして美白化粧品を使うことで
消えるしみをみていきましょう。

ざらつきや厚みがない場合は、市販の美白化粧品でも
対処できます。
主なものは、妊娠期や更年期に出来る「肝斑」や、
光老化で出来た「老人性色素斑」で厚みがないものなどです。

美白化粧品の主な作用は、メラニン色素の産生を
抑えること。ですから、紫外線を浴びてできたばかりのしみや、
できつつあるしみに一番効果を発揮します。

ただし、昔からのしみはメラニン色素が深い部分に
あることも多いので、効きにくいことも多いようです。
美白化粧品を半年以上使用しているのに、
改善が見られないようであれば、医師に相談をしてみましょう。

■医師の治療でしか消せないしみ
それに対して、医師の治療でしか消せないしみがあります。
厚みやざらつきがあるしみです。
これは、「老人性色素斑」の厚みがあるものや
「脂漏性角化症」というものです。

これらは、メラニン色素を持つ表皮細胞や角質が
厚くなっているものです。
これらのしみには、いくら美白化粧品を使っても
効果が出ませんが、医師の治療を受けることで
治すことが出来ます。

ハイドロキノンやレチノイン酸などの外用薬、
内服薬の処方やレーザー治療などが用いられます。

最強のシミ対策は?
では、もっともおすすめのしみ治療法はなんでしょうか。
それは、ずばり「紫外線防止」です。
しみの原因を作らないことはもちろんですが、
せっかく美白化粧品を何ヶ月も使用しても、
無防備に紫外線に当ってしまうと、
またしみが濃くなってしまいます。

また、医師の治療中は紫外線の影響を受けやすくなって
かえってしみが濃くなることもあります。

アンチエイジングは常日頃のこまめなケアが大切ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。