たるみ/線維芽細胞を活性化させる成分

●ビタミンC
美肌の万能成分、ビタミンC。
抗酸化成分、コラーゲン増加作用など、
美白効果以外にも、実にさまざまな有効な作用があります。

以前から「によい」とされてきたビタミンCも、
実は大変壊れやすい成分のため、浸透力が弱く効果は
あまりありませんでした。

しかし、「リン酸Lアスコルビル」など、
ビタミンCの分子に少し手を加えて改善した
「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分が登場し、
壊れにくく、有効成分が浸透できるようになりました。
また、最近では高濃度のまま安定化された
「高濃度安定型ビタミンC」も普及してきています。

・肌再生作用
浸透したビタミンCは、真皮層の線維芽細胞を活性化して、
コラーゲンを生成し、しわ対策に有効です。

その他にも以下のような作用があります
美白作用
・抗酸化作用


●レチノイン酸
ビタミンA酸であるレチノイン酸。
表皮の細胞分裂を早めて、ターンオーバーを促します。
それにより表皮の厚みが増し、角質層を薄くしていきます。
しかも、表皮のヒアルロン酸の成分を増やし、
にみずみずしさを与えます。
また、真皮層に働きかけ、コラーゲンを活性化させます。

ただし、作用が強い分、皮膚への負担も大きく、
皮がむけたり、赤くなるなどの副作用があり、
経過を見ながらの治療が必要となりますので、
医師の指導下でのみ、使用が可能です。

アメリカなど海外では、外用薬として
しわ治療に用いられていますが、
日本ではまだ薬としての販売が認められておらず、
医師が自家製剤として調合しています。


●レチノール
ビタミンAのこと。
レチノイン酸に似た物質で、に塗ると一部が
レチノイン酸に変化します。表皮細胞に作用して
細胞を増殖を促させ、表皮の厚みを増す作用があります。
ただし、同じ量のレチノイン酸と比べると効果は
約20〜30分の1です。

しかし、安全性が高く、皮がむけたり赤くなったりという
副作用はほとんど無く、化粧品として安心して使える成分です。
レチノール自体は酸素や紫外線に弱く非常に
壊れやすい成分なので、容器のふたをきちっと
閉めるなどの管理をしてください。

●植物性女性ホルモン様成分(イソフラボン等)
皮膚の老化の原因に、紫外線とともに注目されているが、
女性ホルモンの減少です。
更年期にさしかかるころ、次第にホルモンのバランスが
崩れだして、肌のうるおい成分の減少などの
老化現象が目立ってきます。

そこで、注目されたのが女性ホルモンのような作用がある
「植物性女性ホルモン様成分(イソフラボンなど)」です。

・肌再生作用
女性ホルモンは、線維芽細胞に働きかけ、
ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を活性化します。
同様にイソフラボンも真皮層のコラーゲンの
代謝活性を向上して、に張りを持たせる作用が期待できます。


http://www.anti-ageing.jp/nayami/tarumi/index.html

こちらから引用させて頂きました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。